グッズ
未実現企画
カバー曲
人名事典
聖地巡礼
発売枚数
雑誌記事(1)
雑誌記事(2)
雑誌記事(3)
永遠の遠国
ライブレポ
リンク

「あがた森魚ナイト」(2003年8月31日 池袋手刀)


出演:Ya-su、毒針、MICHI、グルグル映畫館


 ビジュアル系インディーズバンド専門雑誌が主催する、あがたトリビュートイベントっていう怪しさに惹かれ、興味津津で行ってまいりました「あがた森魚ナイト」。あがたさんとビジュアル系のバンドって対極なようで実はとても近い物がある。自己陶酔、幻想文学、レトロ趣味etc...どちらにも共通してると思いません?

 前日のレッド・クロスに続き、手刀もオール・スタンディング。ここのキャパシティは300人だそうですが、もうほぼ満杯状態。中へ入るとあがたさんの曲がBGM、「僕は天使ぢゃないよ」がBGVとして流れてました。(「僕天」観たのって10年前なので殆どのシーンの記憶が無かった...ビデオ買ったけど観て無いし)客は当然のごとく95%位が女の子でした。

 最初に登場したのはYa-suという人、Ya-fooというバンド?をやってるらしいです。一番後ろにいたのでどんなルックスかは全くわからなかったんですが、どうも詰襟姿だったらしいです。今回の出演者の中では間違い無く一番のあがたファンでしたね。
「あがたさん愛してるみたいに思われるのも嫌だし」とか言ってたけどもう手後れ。

*** Ya-su 演奏曲 ***
「リラのホテル」
「ものがたり」
「春の嵐の夜の手品師」
「水晶になりたい」
「星空サイクリング」
「ラムネ色のすらるじぃ」

この中での出色は「春の嵐の夜の手品師」で、これは完全コピーしてました。
あがたさんもこれぐらい綺麗にやってよという感じの素晴らしい仕上がり。
もっとも生演奏してるのはリコーダーだけで、ピアノとかは録音したやつみたいでしが。「リラのホテル」、「星空サイクリング」はテクノ(ポップじゃ無いやつね)アレンジでした。

さてさて
1組目が終わったら、かえでさんと前の方へ大移動いたしました。
4列目ぐらいのところまで行けたので満足、満足。

2組目は3人組の演劇ユニット「毒針」
タイトルは「海底杉並区」で「パールデコレーションの庭」をモチーフにしたもの。
ネタとして「北極月報第一面の大見出し」、「海底特急ミネルヴァ」、「山田長政」、
「最后のダンスステップ」なんかがちりばめられてました、あと「こはだ」もね。

ストーリーは...え〜と、どんなんでしたっけ...?
確か、東京の海の水を北海道だか、青森だかへ捨てに行こうとしたら、友達の女の子に
「家出した父親からの手紙と返事の手紙を一緒に捨ててきて」と頼まれて、それでもって
いつのまにかその父親が住んでいる海底杉並区に迷い込んで、父親に巡り会う...
てな感じだったかな。うろ憶えだから余計わけわかんないな。

3組目に登場したのは、MICHIという人。
これはもういかにもビジュアル系な出で立ちの兄ちゃんでございました。
さらにサポートに入ったバイオリンの女の子がもうバリバリのゴスロリファッション。「Caccinica」というカウンターテナーのボーカルに、ピアノ、バイオリンの3人編成のユニットをやってるSACHIという人だそうです。80年代な人は「カトラ・トゥラーナ」とか「ショコラータ」なんかを思い浮かべると良いかな。検索したらCDの試聴ができる所があったので、聴いてみたらこれが結構いいです。
 それはともかくとして、MICHIという兄ちゃん「バンドネオンの豹」を本当はやろうと思ったんだけど、挫折して「Caccinica」の曲をカバーをやるなどと言う...おい!
てなわけで「Caccinica」の曲を4曲程やったのち最後にやっとあがたさんの曲をやってくれました。フォークだとは知らずに買った「乙女の儚夢」から「薔薇瑠璃学園」。
けっこう正確にコピーしてました。SACHIさんのナレーションも激似でしたね。
シンセからパイプオルガンの音が出なくてやり直しさえしなけりゃ完璧だったけどね。
当人のキャラにあった選曲だったと思います。

最後は「グルグル映畫館」
このバンドが今回のライブの首謀者のようです。
普段は白塗りメイクに学生服という出で立ちなんだそうですが、今回はメイクを落としてすっぴんでさらにフォークスタイルで登場。
あがたさんの曲にインスパイアされて作ったという彼らの曲を解説付きで4曲程演奏。歌詞もメロディもかなりパクってます。そして最後に「赤色エレジー」をやって終了と相成りました。

*** グルグル映畫館 演奏曲 ***
恋ころん。君にはコロン、部屋無音。
どうしてくれようこのエレジイ
月に行った猫
思春期ッ!青春ッ!硝子張りッ!!
赤色エレジー


カバーをやった3組の選曲が殆どフォーク系だっていうのが以外と言うか面白い。
しかしこの手のバンドのファンの女の子たちってけっこう大人しいんですねえ。
あがたさんのファンより静かかも。

以上、ツアーレポート終わり。
inserted by FC2 system