著書
エッセイ
対談/本人
対談/関連
関連記事
ネット記事
レヴュー
パンフレット
会報
販促冊子
雑誌広告

日本経済新聞1994年8月6日大阪夕刊


「『オートバイ少女』の監督・父親役、あがた森魚氏。」

...四十五歳。デビュー曲「赤色エレジー」(七二年)がヒット、レトロな風合いを持つ独自の世界を築いてきたミュージシャンだが、映画にも強い思い入れを持ったきた。赤色エレジーの印税をすべてつぎ込んで、七四年に「僕は天使ぢゃないよ」を製作。その後も宮沢賢治の童話などをテーマにした映画の企画書を、繰り返し書いてきたという...
inserted by FC2 system