著書
エッセイ
対談/本人
対談/関連
関連記事
ネット記事
レヴュー
パンフレット
会報
販促冊子
雑誌広告

アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込))

特集「羽良多平吉〜イエス・アイ・スィー」
羽良多平吉がデザインを行った作品として「噫無情」等のあがた森魚関係のものも掲載されている。

稲垣足穂十周忌追悼音楽会・あがた森魚「スターカッスル星の夜の爆発」パンフレット(二十一世紀社)
稲垣足穂十周忌追悼音楽会・あがた森魚「スターカッスル星の夜の爆発」のパンフレット。編集者の香川眞吾と共同で編集され、印字された罫線とナリユキの美学が全体を支配する。「二十一世紀の中川(経一)くんと『SHOW』を『頌』の字にしようとか、歩きかながら、星を見ながら、呑みながら、その勢いでどんどん決まっていきました。本文には香川くんのあがた君とタルホさんへの熱意が前面に出ていますね。このパールインキは好きな色です。蛍光インキやパールインキを使いたいという気持ちの内側には、すでに光学的思考が働いているんだね。
アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込)) アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込))

MOMO 5号(二十一世紀社)
"特集「新少女読本」。付録であがた森魚のソノシート「Be My Baby」と豆本「ペトフィリア・エロティカの翼」が付いてくる。
「今でも悔しくて仕方ないんです、京都の活字やさんを訪ねる計画を立てていたんだけど、ついに実現しなかったこと。
アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込)) アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込))

あがた森魚「噫無情(レ・ミゼラブル)」、山谷初男「新宿〜山谷初男の放浪詩集」
松本隆がプロデュースしたあがた森魚のアルバム。ジャケット表1は古い「アサヒグラフ」の表紙をサンプリング。ライナーの書体はモリサワの楷書体。
「あがた君との最初の出会いです。ライナーは訂正が間に合わなくて校正をわざと書きこんだまま入稿してあります。校正の赤字は僕の字です。全体がピンクっぽいでしょう。子は原画にカラートーンを貼ってあるんですよ。」
アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込)) アイデア2011年5月号(誠文堂新光社 ¥3,300(税込))
inserted by FC2 system