著書
エッセイ
対談/本人
対談/関連
関連記事
ネット記事
レヴュー
パンフレット
会報
販促冊子
雑誌広告

山縣良江著「聖なる産声」(たま出版 1986年7月10日発行 ¥1000)

マクロビオティックに基づいた自然食と「ヤマガタ式」と名付けた自然分娩を説く書。
著者の山縣良江さんはもちろんあがたさんのお母さんです。
あがたさん自身も巻頭で「母に寄せて」という文章を書いておられます。カバーデザインはあがたさんの弟さんです。
この本の中であがたさんについて触れている箇所があり、
「待ちに待った長男の誕生です。父親の名が林吉だったので、わが子には木を三本にして森雄と命名しました。字の如く静かで雄大、寛容な子になるように祈って...。
 あれから三十有余年を経て、長男は、あがた森魚の芸名で作詞・作曲をする歌手として、また、俳優としてNHKのテレビドラマ「夢千代日記」に出演するなど、好きな道で精進を重ね多才な活躍をしています。」
と書かれています。

参考までに「ヤマガタ式・自然なお産」とは基本的には立ち産で、お腹と肛門を押さえ自由に歩き回り、自然な姿勢で産痛をやわらげ、いよいよ出産の時にはどんな姿勢をとって産んでもよいというものだそうです。

山縣良江著「聖なる産声」(たま出版 1986年7月10日発行 ¥1000)
inserted by FC2 system