著書
エッセイ
対談/本人
対談/関連
関連記事
ネット記事
レヴュー
パンフレット
会報
販促冊子
雑誌広告

「第19回函館港イルミナシオン映画祭」パンフレット(2013年12月6日頃)

書誌情報は記載ないため不明。

あがた森魚は映画祭ディレクターとしての挨拶「函館の街全体が、やはり大きな映画の撮影所であり港なのです(笑!)。」を寄稿。
...今年一年の出来事で、印象に残った出来事は、仙台楽天のマー君の大活躍。ボイジャー1号の太陽圏外脱出、それから「おもてなし」などなど。いずれも、普段の努力と持続力の賜物です...

米田哲平「ぼくたちは忘れない、あの愛くるしい目をした若松監督を...」
 あがた森魚監督の「オートバイ少女」の制作に携わってから20年が経った。映画祭を始める切っ掛けとなった記念すべき作品だ。映画祭を立ち上げたあがた森魚、米田哲平、太田誠一の3人はすでに還暦を過ぎた...
inserted by FC2 system