著書
エッセイ
対談/本人
対談/関連
関連記事
ネット記事
レヴュー
パンフレット
会報
販促冊子
雑誌広告

花形文化通信1993年4月号〜(繁盛花形本舗 Free Paper)

堀江卓&モリオアガタ「ハンマーキット」
あがた森魚による堀江卓の漫画「ハンマーキット」の再構築。1994年末まで連載した模様。
1993年10月号は掲載ありません。

第1回(1993年4月号)

花形文化通信1993年4月号 僕がどうして空を飛んだり、街を滑って行ったるするようになったか、その理由をまだ君には話していなかったね。そもそもは、あの航空物理学者イヴァン・タルホフスキー博士の「だれだって空を飛べる」を読んだのがきっかけだったのさ。つまり20世紀の初頭にういルバートオービルのライト兄弟によって人類は初めて空を飛んだのだが、博士は理想がヒコーキに勝利したのだと言った。誰もが理想を持てば空を飛ぶんだ、というその言葉が、僕にジェット・ローラー・スケートを履かせたのだ。

第2回(1993年5月号)

花形文化通信1993年5月号 イヴァン・タルホフスキー博士の偉大なところは、航空物理学の発達に多大に貢献したのみならず、なぜ人類が空を飛ぶのかという理想について多くを買っているとこなのだ。
 博士はそのことについて三つ大切なことを言っている。一つは、空を飛ぶことのつかのまであることのせつなさについて。二つ目は、それでも無限の空間に対する永遠の運動を保とうとするヒコーキのニヒリズムについて。三つ目は、それらのはかなくもあやうい情熱を支えてしまう少年的憧憬の重大さについて。
 今日も僕がジェット・ローラー・スケートで街を滑り空を飛んでしまうのはそういうわけであるからなのだ。

第3回(1993年6月号)

花形文化通信1993年6月号 僕が一番つまらない気持ちになるのはロケット・ローラー・スケートを脱ぐ時だ。事件が終わって、あるいは、悪の一味の追跡を終えて、自分の部屋に帰ってきて、ロケット・ローラー・スケートを脱ぐ時のものたりなさ。放課後のクラブ活動を終えてお家に帰る気持ち。遊園地に蛍の光が流れお家に帰る気持ち。
その気持ちを航空物理学者、イヴァン・タルホフスキー博士の「滑空と帰還」に読みとる。滑空は、ここから彼方へのダッシュ的永久運動願望であり、帰還は地上の翼の基地ならぬ墓地へのタッチ的地上地縛願望である。半永久彼方へとダッシュしていくロケット・ローラーのダッシュ感覚こそ僕のもの。

第4回(1993年7月号)

花形文化通信1993年7月号 僕がはじめてロケット・ローラー・スケートをはいて街を走っていった頃。街といい港といいバーバーもハーバーもものめずらしい程にカラフルな光と色に彩られていて、ただそのことだけで、どこまでも夜の街を走りぬけて行きたい気持ちだった。
そんな魅惑的な夜を掠め取る夜の支配者たちと、この僕が遊戯に耽るのは、彼等に敵対心を持っているからではない。美的様式上、僕が彼等と戦わなければならないから対決しているまでで、僕の正義感がそれをさせているわけではない。
漫画映画というカットの中に踊るロケット・ローラーとして夜の影を与えられた街に潜む様式美の美しさをさぐるダンディーでいたいから。

第5回(1993年8月号)

花形文化通信1993年8月号 私はデコ
ハンマーキットの妹です
今回は私のお話 だから、ハンマーキット番外編
私も、お兄さんのおかげで事件に巻き込まれてしまったことが何度かありました
ね、お兄さん、フラフープ・コンクールの時のあの事件のこと覚えてる?
縞のジャンパーの麻薬ギャング団が、フラフープチャンピオンの武芝三八さんを、竹芝さん橋に改造フラフープで締めつけてしずめてしまった事件のことよ
お兄ちゃんは、どんな理由や、どんな楽しみがあって事件にたち向かっているのか私にはさっぱりわからないことだらけだけれど、あの事件の時、私達を助けに来てくれたお兄ちゃんは、本当にかっこよかった
ハンマーキットって本当に、ロケット・ローラースケートが似合うんだなあ〜って、あらためて感心したわ。
お兄ちゃんロケット・ローラー哲学には、地上をペタペタと歩いている私たちにはわからないロマンティシズムがあるのね ああでも、そんなに空に跳び上ることが幸福なのかしら

第6回(1993年9月号)

花形文化通信1993年9月号 夕暮れ雲の街角で
揺れるブランコ公園の
団地の影法師砂場にかかり
ジャングルジムに月待頃
僕の嬉しいお散歩タイム
街の灯りのポツポツぽっつり独り言
数えて歩くは黄昏魔術師
僕らの住んでる薄い街。
たった今この場所、この時間は、まるで薄いヴァイオレットのオウガンジィで幾重にもくるまれた3Dの薄板界の街だ。
やがて夜が来て、漆黒のビロオドの幕が降り、誰もが眠りにつく頃、どこか知らぬ別の場所にある、これとまったく同じ街の消息に嗅覚を働かせ、不思議な懐かしさを覚えつつ、ロケットローラーで走りぬけていくことにしよう。

第7回(1993年11月号)

花形文化通信1993年11月号 どうも僕には、ニヒルになりががる悪いくせがあってね。ついつい、ニヒルな二枚目を気取ってしまったりもするんだけれど、ま、本当はあんまりそんなポーズって、僕には似合っていないんだ。ほら、だって僕はさ、こんなに笑顔が似合ってしまうんだからね。ハッハッハッハッ。
なのにさあ...この根の生まじめさ、という性分。ソンだねぇ、ソンしてるねぇ。今頃、僕なんかさぁ、ローラースケートの腕(いや足?)磨いてさ、ローラーゲームの東京ボンバーズなんかに入ってりゃ、ちょっとしたスーパースターさ。ハッハッハッハッ。
うむ。何また事件。じゃまた飛んで行かなけりゃ。え、ハンマーキットの路上パフォーマンスの方がずっと派手だって?!そうかなあ〜。ハッハッハッハッ。





inserted by FC2 system